組み合わせ便器へのトイレリフォーム

それでは、より具体的にトイレのリフォームについて紹介します。ここでは、トイレのリフォームの際に使用することができるトイレの種類としてどのようなものがあるのかを紹介します。最初に紹介するのは、昨今の洋式トイレではもっともよく見るタイプである「組み合わせ便座」と呼ばれるものについてです。

組み合わせ便座は、便器と温水洗浄便座と、便座が別になっているタイプのものです。合致するタイプのものであれば便器と便座のリフォームについて別に検討することができるようになっているのが強みです。このタイプのトイレへのリフォームを行う場合には便座のみの交換を行うことができるため、特に故障し易い部分が比較的交換しやすくなっているのがメリットと言えます。

逆にこのタイプのトイレへのリフォームのデメリットとして挙げられるのは、タンクに水が必要になるということです。タンクに水が溜まっていない時については流すことができなくなってしまうため、混雑するような時間帯では水の補給が間に合わなくなってしまう可能性があります。利用者が多い場所で利用する場合でなければ関係のないデメリットであるため、一般的な家庭でトイレリフォームをする場合にはそれほど注意する必要はありません。