一体型便器へのトイレリフォーム

トイレのリフォームについて、次に紹介するのは一体型トイレについてです。一体型トイレと言うのは、便器とタンク、便座のすべてが1つにまとまっているタイプとなっています。物によって手洗いがついているタイプと、それが付いていないタイプとがあります。それでは、一体型トイレへのリフォームを行う場合、どのようなメリットとデメリットがあるでしょうか。

一体型トイレへリフォームのメリットとしてまず考えられるのは、手入れがし易いという点です。組み合わせ便器のように便座と便器とが別れているわけではないため、こういった場所に汚れが溜まりにくく、掃除がしやすくなっています。また、一体型トイレへのリフォームのメリットとしてもう1つ挙げられるのは、デザインの統一性です。まとまったデザインとなっているため、トイレ自体もスマートな印象のものにすることができます。

一体型トイレへのリフォームのデメリットとしては、一箇所が故障した場合、全体的に修理が必要になるケースが多いという点が挙げられます。便座が故障した場合でも全体修理になってしまう可能性があるため、修理費用は高くなりがちです。その場合でもクラシアンの修理は便利に利用できるでしょう。