システムトイレへのトイレリフォーム

トイレのリフォームの内容として最後に紹介するのは、システムトイレについてです。システムトイレは一般家庭向けのトイレというよりは、どちらかというと店舗などで使用するのに適しているタイプのトイレとなります。ただし、自宅でのトイレリフォームの際に考えられないものではないため、その内容について知っておくと良いでしょう。

システムトイレへのリフォームを行う場合、トイレと手洗い場などを別に設置することができるのが強みとなります。従来のトイレの場合トイレ後ろに設置されているタンクに手洗い場が設置されることが多いものの、これを別の場所に移動できるため利用の用途が広がります。また、システムトイレへのリフォームを利用する場合、いずれの排水についても既存のものを利用できる可能性が高いため、工事はそれほど大変なものではなくなります。

システムトイレへのリフォームにおいてデメリットとなるのは、利用するリフォーム業者によっては工期が長くなってしまうという点です。クラシアンのようにノウハウを持っている業者であれば比較的短期間で完了させることができますが、長い期間が必要なリフォーム業者に依頼すると数日間トイレを使用できなくなってしまうため十分注意する必要があります。